MENU
CONTACT

Dr.トレーニング目白店 〜『山口塾』の話

こんにちは!

Dr.トレーニング目白店、 店長の吉田有です。

本日はいつもお世話になっている

Dr.stretch様で毎月行なわれている勉強会『山口塾』についてお伝えさせて頂きます。

 

登壇早々に最近の趣味のゴルフの動きを解剖学的に説明し始めました。

Dr.トレーニングだけでなくDr .stretchのクライアント様にはダイエットや健康増進だけでなくスポーツのパフォーマンスアップを目的として通われている方も多くおります。

トレーナーとしてクライアント様がやられているスポーツを体験することで、よりクライアント様のニーズに応えることや身体への理解を深めて頂くことにも繋がるためです。

 

日常生活においても関節の可動域は

怪我防止、姿勢改善、身体機能に影響してくるためDr.stretchのトレーナーの皆さまから代表へ多く質問が来るそうです。

それを毎月の山口塾へ入れて知識と技術をインプットしています。

 

ジョイントモビライゼーションとASTR

ジョイントモビライゼーション=関節の可動性

ASTR(Active Soft Tissue Release)=肘、腕、徒手を使ったコンディショニングで硬くなった組織を押さえて伸ばした状態で関節を動かしてストレッチをするテクニック。

※詳しくはこちらを参照にしてください!

Dr.トレーニング中目黒店 blog vo.1 〜勉強会について〜

今回はその中でも肩周りへのアプローチを中心に行なっていきました。

 

肩の関節を囲んでいる袋状の皮膜(関節包)へアプローチ。

 

 

 

硬くなると肩の動きが悪くなってしまい※インピンジメント、猫背、巻き肩になりやすくなってしまいます。

※インピンジメント=肩を上げる動作などの時に、ある角度で痛みや引っかかりを感じて上がりづらくなってしまう症状。悪化するとこわばりや筋力低下にも繋がる。四十肩や五十肩の原因の一つでもあります。

 

 

一人ひとりにレクチャーをして体感してもらい、より理解を深めてもらい実技を行なっています。

そしてスマホを見たり、デスクワークでの巻き肩姿勢で硬くなってしまう※小胸筋という筋肉へのASTRを行なっていきました。

※小胸筋=大胸筋の下にある筋肉。肋骨と肩甲骨を繋いでいる。

硬くなることで肩こりや猫背の原因にもなります。

呼吸補助筋でもあり、ほぐすことで深い呼吸がしやすくなり

リラックス効果や自律神経の調整にも関与します。

 

 

被験者の方の悶絶ぶりに思わず笑顔になる山口代表!笑

注:決して山口代表がキツめに行なっているわけではありません。

それくらい日常的に酷使してしまう筋肉なんです💦

ですが、正しいケアをすることで本来の身体の機能を取り戻して

行くことが可能です!

 

山口塾で感じたことは、普段当たり前のように学べている環境が

Dr.stretchのトレーナー陣の皆さまは月1回の勉強会。

その中で少しでも多くのことを学ぶ姿勢が質問の量に出ていました。

身体の悩みを解決するために学びを怠らない

そんな姿勢に刺激を受けてトレーニングを通じて

多くの方が笑顔になれる瞬間を作っていく。という自分のミッションを思い出せた勉強会でした✨

Change Your Life

次回の投稿もお楽しみに

■Dr.トレーニング目白店

一瞬ではなく一生モノの身体作り
〈Dr.トレーニング目白店〉
03-3565-6686

〒171-0031
東東京都豊島区目白3-17-23 AVIWSビル4F
《10月1日(月)NEW OPEN!》
>メールでのお問い合わせはこちら

>Instagramはこちら

吉田 有

NSCA-CPT

NESTA-PFT