回旋スポーツのパフォーマンスアップ Part4.2: モビリティ by井出 恵比寿のパーソナルトレーニングジム|Dr.トレーニング
MENU
CONTACT
無料カウンセリングはこちら お探しの店舗はこちら

回旋スポーツのパフォーマンスアップ Part4.2: モビリティ by井出

どもーーーーーー!

 

最近、ここのところ毎日「尻トレ」をがんばっている井出でーす!

この間も高岡トレーナーと一緒に究極の尻トレエクササイズがんばりました~!

お尻はすべてにおいて大事なんですよ!健康や、パフォーマンス、そして見た目にも!

みなさんもお尻はガンガン鍛えちゃってくださいね!

 

 

さて、前回のブログでは「リセット」に関してエクササイズなどを紹介していきました。

リセットをすることで身体のズレなどが少しでもなおれば身体は最大限ある力を発揮しやすく、

さらにケガのリスクを下げることもできます!!

 

前回の内容を見ていないぞ!?

という方はしっかりチェックしておいてくださいね:)

 

 

☆前回のブログ☆

回旋スポーツのパフォーマンスアップ Part4.1:リセット by井出

 

 

さて、今回も回旋スポーツパフォーマンスアップのためのエクササイズをどんどん紹介していきますよ!!

今回は「モビリティ」がテーマです!!

 

どんどんみていきましょー!

 

 


 

 

モビリティとは

「モビリティ」とは、筋肉や関節を自分の思う範囲で動かせる能力のことです。

 

人間の身体には、基準となる可動域があります。

 

それに満たしていないときや、左右での差があるときにケガのリスク上昇や、パフォーマンス低下(100%の力を出しきれない)

につながってしまいます。

 

このように、基準となる可動域に達していないような状態を「モビリティ不足」といっています。

 

 

【例1: 胸椎のモビリティ不足の場合】

胸椎の動きに制限があると、肩を上まで上げることができなくなります。

そこで、なんとか肩を上げるために腰を反ることでその動きを代償します。

腰は、本来そのような動きをするためにありません。

ですので、無理なストレスが腰にかかってしまい、痛みや違和感などへとつながってしまいます。

 

 

回旋スポーツのためのモビリティ

さて、ブログPart2でも紹介しましたが回旋スポーツにおいて特に重要となるモビリティの場所がありましたね。

覚えていますか!?

それは・・・・・「股関節 & 胸椎」です。

 

股関節と胸椎がねじれることでタメを作り出し、爆発的な力へと変換してくれます。

 

もし、その2つの動きに制限があると当然うまくタメも作ることができず、大幅なパワーロスになってしまいます。

 

股関節と胸椎の動きを最大限にしておくことがパフォーマンスアップのためには重要なポイントですね。

 

 

 

胸椎モビリティ

「胸椎」の可動域を取り戻すためには、大きく2つの動きに着目します。

 

1.回旋

2.伸展

 

この2つです!

 

この2つのモビリティは、非常に重要な役割を持っているのにも関わらず多くの人で足りていない状態になっています!

(だから、腰痛や肩の痛みなど訴える人が多いのも納得ですね)

 

以下の動画で胸椎の動き(回旋・伸展)を改善・向上させるエクササイズを紹介しています!

 

1日5~10分でいいので、毎日やってみてください。

 

 

 

※応用/実践

上記で紹介したエクササイズは「寝た状態」や「座った状態」でした。

このようなポジションは他の筋肉などが力まず、胸椎の動きに集中して行えるため非常に効果的です。

 

ただ、スポーツにおいては実際に「寝」「座」といった状態で行うことは少ないかと思います。

いかに「立った状態(時には片足で)」で胸椎の可動域をフルで出せるかが大事になります。

 

ですので、立位状態でのモビリティエクササイズも少しずつ入れていくようにしましょう。

(※光や色の加減で、光が反射してしまい見づらいところもありますがスミマセン…)

 

 

 

 

股関節モビリティ

股関節の動きは、非常に細かく複雑でこのブログだけですべてを説明することはむずかしいです。

ただ、股関節モビリティでも超トップレベルで必要なところをここではカバーしていきます。

 

ここでの注目ポイントは「外旋」「内旋」です。

 

※ 内旋/外旋といった動きに制限があると、回旋スポーツのパフォーマンスは致命的です。

本来もつ力を全然出すことができなくなってしまいます。

また、膝や腰の痛みも促しますので、いかに股関節「内旋&外旋」モビリティが重要かは認識してくださいね。

 

以下の動画で股関節の可動域を向上させるエクササイズを紹介しています。

参考にして、ぜひやってみてください。

最初は思うようにできなくても、継続していると身体は確実に変わってきます。

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたか!?

 

今回は「モビリティ」をテーマに回旋スポーツのパフォーマンスアップを書かせていただきました!!

 

今までトレーニングばかりやっていて、このようなモビリティなどよくよく考えたことはありましたか!?

 

どうしてもパフォーマンスアップのために、トレーニングをがんばってしまう方向に考えがちですが

実は、モビリティをなおすだけでパフォーマンスが劇的に変わる方も多くいます。

 

1日10分でもいいので、紹介したエクササイズをやってみてください!!!

 

目標は、「左右の差」を無くすことを第一に取り組んでみてください!

可動域があがるだけで世界が変わりますよ!!

 

焦らず1つずつ課題をクリアしていきましょう:)

 

絶対にパフォーマンスはあがりますので自分を信じて継続してくださいね!!!

 

 

次回も回旋スポーツパフォーマンスアップのためにどんどんエクササイズ紹介していきます!!

 

次回のテーマは「スタビリティ」です!!

 

スタビリティも非常に大事な要素の1つなので楽しみにしていてくださいね!!

 

 

 

困ったときは?

やはり文章や動画だけでは難しいところもあるかと思います。

せっかく頑張りたいのに、どうすればいいかわからないなどお悩みや相談がありましたらいつでもお気軽にお問い合わせください!

私が直接サポートさせていただきます!:)

 

お問い合わせ-広尾店 広尾のパーソナルトレーニングジム|Dr.トレーニング (drtraining.jp)

今なら無料見学・カウンセリングも実施していますのでぜひお越しくださいませ!

 

トレーニングは絶対に裏切らないので一緒にがんばっていきましょー!

 

 

皆さんのお役に少しでも立つことができれば幸いです!

HAPPY TO HELP!!

 

 

Dr.トレーニング広尾店

井出健太(Kenta Ide)

 

リンク集 プライバシーポリシー Dr.トレーニング施設利用規約© 2015 Dr.TRAINING. All rights reserved. Update ec.