MENU
CONTACT
無料カウンセリングはこちら お探しの店舗はこちら

Dr.トレーニング広尾店blog マタニティトレーニング vol.3

こんにちは!
Dr.トレーニング広尾店の高岡です。

マタニティートレーナーとして活動しています。

妊娠期間というのは、自分の体としっかりと向き合って欲しい時期で、
とても大切な期間です。

ですが、マタニティートレーニングの重要性はなかなか認知されていないのが現状です💧

マタニティートレーニングの重要性を伝えるブログです!

 

(過去投稿はこちらから↓)

vol.1   https://drtraining.jp/archives/13086

vol.2 https://drtraining.jp/archives/13606

 

マタニティトレーニングを行っていただきたい理由は、

”お母さんがより、幸福感を感じ、エネルギーを増幅させ、睡眠を改善し、体重をコントロールするため” です。

 

 

前回は妊娠中の生理学的変化について書きました。

もちろん、まだまだ書ききれないほどあるので、
トレーニングに関わる重要な部分だけを抜粋して、伝えていきます!

 

妊娠中の生理学的変化③

お腹の中の赤ちゃんが大きくなるにつれて、子宮の大きさは20倍にも大きくなります。
想像してみてください。

だいたい、30センチものさしよりも少し長いものが、お腹の中にあるといったイメージです。

 

 

こんなにも、物理的な変化があると、当然内臓にも影響がでることは、容易に想像がつきます。

さて、子宮によって、圧迫・伸張されるものはなんでしょうか??

大きく3つにカテゴライズして説明していきます。

 

1,膀胱、胃腸

→便秘・食欲不振、頻尿、尿漏れ、

2,横隔膜、肺、心臓

→息切れ、動機をおこしやすい

3,腹筋群、骨盤底筋群

→腹筋群の筋力低下、全身の筋力低下

 

特に、一番影響を受けるのが腹直筋です。
妊娠中に最大40%の筋力低下がおこります。

初産後、リカバリーせずに第二子の妊娠を迎えると、筋力低下したとこへ更に40%程度低下することになります。
出産後に腹筋運動ができなくなった、腹筋に力をいれる感覚がわからなくなったという方が多いのが、
こういった理由からなんです。

 

 

マタニティートレーニングは、妊娠中の筋力を落とさないためのトレーニングですが、
実は、ご妊娠前の運動習慣が、マタニティーライフやご出産後の体型・QOLに大きく関わってくることが、
おわかりいただけたのではないでしょうか。

 

女性も慌ただしく働く時代ですが、自分自身の健康管理を疎かにしていませんか?

妊活前に、妊活中にトレーニングを始める方も大勢いらっしゃいます。

ぜひ、自分の体と健康と向き合う習慣を身につけてください🌟

 

 

まとめ

 

弊社パーソナルトレーニングジムではエビデンスベースでお客様ひとりひとりに合わせたオーダーメードメニューを提供しております。

運動が生活の一部になるように、お一人お一人のライフスタイルに合わせてご提案、サポートをいたします。

 

ぜひ、広尾でパーソナルトレーニングの体験をしてみませんか?

 

▼パーソナルトレーニングジム Dr.トレーニング広尾店

広尾店

 

■Dr.トレーニング広尾店

広尾で一瞬ではなく、一生モノの身体作り
本気で変わろうする人と共に歩んでいく会社
〒150-0012
東京都渋谷区広尾5丁目16-12 3F
《営業時間》9:0022:00 不定休
高岡   TAKAOKA UI

リンク集 プライバシーポリシー Dr.トレーニング施設利用規約© 2015 Dr.TRAINING. All rights reserved. Update ec.