MENU
CONTACT

〜 体脂肪とは? 筋肉との比較 〜

 

 

こんにちは!
Dr.トレーニング自由が丘店、店長の矢田です!

今回の記事は、、、

体脂肪とは? 〜筋肉との比較〜

 

についてお話させていただきます。

世の中には、美味しい食べ物がたくさんありますね。

 

 

 

摂取しすぎると、、、脂肪として蓄積されるわけですが、、、

そもそも「体脂肪」って何?必要?不必要?

 

結論、、、体脂肪は必要なものです。

 

体脂肪とは、身体の中にある脂肪の総称で、身体の機能を正常に維持する為には欠かせないものです。

 

エネルギーを貯めておく為、体温を保持する為、外部の衝撃から内臓を守る為、、、、

 

人間である以上、身体を守る為には、ある程度の体脂肪は必要不可欠というわけです。

 

ただ、脂肪には適正量があり、多すぎても、少なすぎても身体にとって負担となってきます。

 

適切な体脂肪量の目安になるのが、「体脂肪率」です。

 

→ 体重に対して、体内の脂肪量の比率を表したものが体脂肪率です。

 

体脂肪率が高いと「肥満」と呼ばれ、生活習慣病のリスクが高くなり、危険な病気を招いてしまいます。

 

 

年齢とともに、筋肉量や骨量が減っていき、身体を支える力が弱くなっていくのですが、

 

そこに肥満が加わると、、、、骨や関節への負担が大きくなり、腰痛や膝痛などの関節障害を起こしやすくなります。

 

 

では、どのぐらいの体脂肪率が良いか?

 

体脂肪率から、以下のように分類されます。

 

〜男性〜

 

軽度肥満:20%
中度肥満:25%
重度肥満:30%

 

〜女性〜

 

軽度肥満:30%
中度肥満:35%
重度肥満:40%

 

※アスリートなどの筋肉量が極端に多い方は、当てはまらないこともあります。

 

 

…..いかがでしょうか?

 

日々の活動量が少ない(運動習慣がない)と、脂肪は知らず知らずのうちに蓄積されていきます。

 

脂肪を燃焼しやすい状態、筋肉量アップまたは、維持していく為には、トレーニングがとても効果的です。

 

初心者の方は、いきなり有酸素運動!と初めてみたものの、、、膝を痛めた、続かない、、、

 

食事の見直し!と張り切ってはみたものの、正しい見直しではなく逆に筋肉を分解して不健康な身体に、、、

 

なんてことが多いのではないでしょうか?

 

パーソナルトレーニングは、安全に、正しい動きを身につけたり、栄養管理までも行い、身体の基本ベースを作れます。

 

 

 

あっという間に夏がきます!

 

今のうちに運動を習慣化していき、継続的に脂肪を落としていきましょう!

〜おまけ〜

 

筋肉と脂肪の比較(体積)

 

 

脂肪を1とすると、筋肉は0.8ほどで、20%も違いがあります。

 

同じ1kgでも、見え方が違うというわけです!

 

例えば、体重が同じ50kgでも、
・筋肉量が多く、脂肪量が少ない人の見た目は引き締まって見え、
・脂肪量が多く、筋肉量がすくない人の見た目は太って見える。ということになります!

 

 

パーソナルトレーニングで、「効率的に」筋肉をつけていきませんか?

 

 

■Dr.トレーニング自由が丘店

一瞬ではなく一生モノの身体作り
〈Dr.トレーニング自由が丘店〉
03-6715-6043

〒158-0083
東京都世田谷区奥沢5-31-2
自由が丘カントリー倶楽部 1階
《営業時間》8:00~22:00 不定休
>メールでのお問い合わせはこちら

>Instagramはこちら

Dr.トレーニング 自由が丘店
店長 矢田大将

NESTA-PFT
加圧インストラクター