MENU
CONTACT
ページトップへ戻る 少人数パーソナルはこちら

Dr.トレーニング中目黒店 blog vo.107  ストレス part1〜良いストレス・悪いストレス〜

こんにちは!

 

Dr.トレーニング中目黒店の村上雄太です!!

 

 

もう12月に入り、今年もあと少しで終わりですね‼️

 

体調は崩しておりませんか??

 

今回は、体調や仕事・スポーツのパフォーマンスや生活の質(QOL)にも影響する

「ストレス」について説明していきたいと思います!!

 

 

ストレスについて!

 

ストレスと聞いて皆さんは何を思い浮かべますか?

 

大抵の人は、あまり良いイメージを持っていないと思います💦

 

まずストレスとは何か、

ストレスとは「心身に負荷がかかった状態」のことを指します。

 

 

そして、ストレスを引き起こす要因「ストレッサー」と呼びます。

 

ストレスは刺激に対する反応とも言えるので、一生避けることはできません、、、

 

 

ただ‼️

 

ストレスには良いストレスと悪いストレス

 

2つあることを知っていましたか?

 

 

 

悪いストレスは、もちろん無い方がいいですが

 

良いストレスは、あったほうが生活の質も体調も仕事やスポーツのパフォーマンスも上がりやすいんです‼️

 

 

今回はこれについて詳しく解説していきます!!

 

 

「不快ストレス」と「快ストレス」

 

まずはイメージしやすい「不快ストレス」についてです!

 

悪い人間関係や、不安、過労など自分の心身に悪影響を及ぼす状態を引き起こすのが、「不快ストレス」です。

 

私たちの体は、強い「不快ストレス」が続くことで、うつ病などの病気や

 

肉体的にも疲れてしまったり、イライラしやすくなったりします。

 

 

 

次に、「快ストレス」について

 

これは、自分自身を奮い立たせてくれたり、やる気が出るような自分の心身に良い影響を及ぼす状態を引き起こしてくれます!!

 

 

 

ストレスを与える要因「ストレッサー」の種類

 

ストレッサーの種類を知ることで、対処法もわかるので解説していきます♪

 

ストレッサーには、大きく分けて「内部的ストレッサー」「外部的ストレッサー」の2つがあります‼️

 

内部的ストレッサーは、人間関係や経済状況、病気などあります。

 

外部的ストレッサーには、気温や悪臭、騒音、病原菌、栄養不足などがあります。

 

これらのストレッサーによって「アドレナリン」が常に放出され「交感神経」が常に優位になってしまいます。

 

 

 

交感神経が優位になることで、体を休めるための副交感神経が働きづらくなり病気や肉体的な疲れにつながります⚠️

 

 

ストレスの悪影響

 

不快ストレスが続くことでさまざまな悪影響が出てきてしまいます💦

 

・不眠

・過食or拒食

・体が疲れやすい

・頭痛や肩こり、腰痛

・動機

・吐き気

・便秘

etc、、、

 

これだけではなく、まだまだ症状があります。

 

そして、結果的に病気になってしまったり、

 

体重が増えやすくなってしまうことや逆に痩せすぎてしまうことなどもあります!

 

なるべくストレスを体に溜め込まないように

 

自分自身のストレス解消手段を持つことが非常に大切になります‼️

 

 

次回、part2でストレスの対処法について詳しく解説していきたいと思います!

 

 

 

■Dr.トレーニング中目黒店

中目黒の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング中目黒店〉

03-6303-3084

〒153-0051
東京都目黒区上目黒3-2-2 羊屋ビル3F
>中目黒のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>中目黒のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP