姿勢分析

nata_atc_2013_0723

先日、NATA-ATCのコンベンションに参加して姿勢分析の内容があるセミナーに参加したが、その教授は静的姿勢分析は必要ではない。と言っていました。意外と衝撃的ではあったが、理論的には間違っていない。ただ自分自身は絶対的に必要だと思ったので、姿勢分析の一部について翻訳させて頂きます。

「骨盤が前傾すると下肢にどう影響するか?」姿勢分析というのは奥が深いですが、シンプルに考えてみよう。骨盤前傾で拘縮、または筋力が強い筋肉はどれか?脊柱起立筋、大腿直筋、腸腰筋である。また一般的に弱いとされる筋肉はどれか?腹直筋、外腹斜筋、大臀筋、ハムストリングスである。
骨盤の前傾が起きると、股関節が内旋する。股関節が内旋すると、脛骨が内旋する。脛骨が内旋すると、足関節が回内する。

そうするとPFJ(Patella Femoral Joint:大腿骨と膝蓋骨の関節)外側にプレッシャーが大きくなる。プラスでKnee Valgus(外反)になりMCLにもプレッシャーが大きくなる。結果、膝関節の障害のリスクが高くなる。これがCKCで動的分析のときは、代償運動がでてしまい、逆に脛骨が外旋するということを大学院で学びましたが、確かにそのような傾向もあります。静的分析で、どれだけチェックできるかは、個人的には大事な部分だと思うので、今後も、欠かさずやっていきたいと思います。

山口 元紀 Genki Yamaguchi

株式会社Dr. トレーニング 代表取締役
株式会社FUBIC 外部取締役

【一瞬ではなく一生モノの身体作り】

◆Dr.トレーニング
恵比寿 代官山 中目黒 自由が丘 麻布十番 目白 学芸大学 吉祥寺 池袋 銀座 下北沢 三軒茶屋 代々木

◆Dr.トレーニング 銀座店
銀座 パーソナルトレーニングジムが2019年11月1日にOPEN!
銀座周辺でパーソナルトレーニングをご検討中の方は是非お問い合わせください

◆Dr.トレーニング 下北沢店
下北沢にもパーソナルトレーニングジムが2020年2月26日にOPEN!
下北沢周辺のパーソナルトレーニングジムをお探しの方、お待ちしております

◆トレーニングパーク 恵比寿&代官山
LA発!少人数×パーソナルトレーニング

◆Dr.トレーニング スクール
実績NO1! パーソナルトレーナー養成スクール

◆Dr.トレーニング オンライントレーニング
いつでも!どこでも!誰でも!世界基準のトレーニングが受けられる

◆お問い合わせ
パーソナルレッスン・スタジオレッスンのお問い合わせや講演・出版・取材のご依頼はこちら
https://drtraining.jp/blog/contact/

帰国後は日本のプロアスリートや芸能人のパーソナルトレーニングを担当。
海外遠征(スペインやアメリカのトップチーム)も毎年行っている。

現在は、経営者とトレーナーの観点を組み合わせ、専門的なコンサルティングを行う。
全店舗で利益100万以上を達成し、店舗稼働率80%以上、新店舗も全て3ヶ月以内で黒字という実績を誇る。
10種類以上の研修を社内に組み込んで、スタッフの成長を軸とした独自の制度を確立している。
離職が多いジム業界で5年間、離職0という実績がある。

【活動内容】
Dr.ストレッチ 技術監修
ミスワールドジャパン公式トレーナー
海外研修(アメリカやスペインのプロスポーツチーム帯同)
etc...

【資格】
BOC-ATC(全米アスレティックトレーナーズ協会認定トレーナー)
NASM-PES(全米スポーツ医学協会認定パフォーマンス向上スペシャリスト)
etc...

【メディア】
テレビ東京 [WBS]ワールドビジネスサテライト
TBS ゴゴスマ
フジテレビ とくダネ!
LEON
OCEANS
etc...

【講演実績】
船井総研
GAP
RED BULL
Perform Better Japan
関西大学
順天堂大学
etc...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です