GHJ(肩甲上腕関節)の可動域

こんにちは、

Dr.トレーニング in 恵比寿の山口元紀です。

久しぶりに文献を翻訳させて頂きましたのでアップします。

今回のテーマは「GHJ(肩関節)の可動域」です。

一般的に言われているのが、

ER(外旋)90°

IR(内旋)90°

良く言われているのが、GHJの可動域が制限されると障害発症率が上がると言われますが、

確かにその通りだと思います。

inge_de_bruijn_stretch-300x232

今回、私が読んだ文献でも、

「GHJのトータルROMでROM制限がある場合は、ROM制限がないピッチャーに比べて2倍以上、UE(上肢)障害のリスクが高まる」と言っています。

ただここで大事なのは、「トータルのROM」

よく勘違いするのが、GHJのROM制限を診る際に、

ERとIRをわけて判断することが多々あります。

例えば、「IRが10°制限されている=障害発症率アップ」

という図式が出来上がるが、それは大きな間違いです。

特にGHJの場合、ボール&ソケットジョイントです。

ER&IRをトータルで180°より制限があるかないかで、判断した方が評価としては正しいです。

要するに、IR70°&ER110°=180°

これは、ROMだけを考慮すれば、ROM制限なし=正常とみなされます。

なぜならピッチャーのほとんどがRetroverted(後傾)だからです。

(ここではRetrovertedでの障害発症率は考慮していません。ちなみにRetrovertedが悪化すると関節包が硬化しインピンジメントシンドロームの発症率は上がります。)

IRだけで判断した場合、ほとんどのピッチャーがROM制限ありと判断されてしまいます。

これでは正しい評価は難しくなります。

基本的な事かもしれませんが、

この知識は非常に大事かなと思ったので翻訳させていただきました。

 

更に、この文献において、「最もGHJ周辺の筋肉が働くのがGHJ外転90°&外旋90°」と書いてあったので、

それについても次回、翻訳させていただきます。

 

 

 

 

山口 元紀 Genki Yamaguchi

株式会社Dr. トレーニング 代表取締役
株式会社FUBIC 外部取締役

【一瞬ではなく一生モノの身体作り】

◆Dr.トレーニング
恵比寿 中目黒 自由が丘 麻布十番 目白 学芸大学

◆Dr.トレーニング スクール
本物の知識スキルを学ぶトレーナー養成スクール

◆お問い合わせ
パーソナルレッスン・スタジオレッスンのお問い合わせや講演・出版・取材のご依頼はこちら
https://drtraining.jp/blog/contact/

アメリカの大学院で準医療資格ATCを取得。そこで得たトレーニング知識スキルと、メジャーリーグでのトレーナー経験を元に「世界トップアスリートが受けているトレーニングを一般の方に」というコンセプトのもとパーソナルトレーニングジムを運営。

これまで、日本のプロアスリート(野球、競輪、ゴルフ、 サッカーなど)をはじめ、数多くの芸能人(オリコンチャート1位シンガー、 国民的美少女、モデル、司会者など)のパーソナルトレーニングを担当。医療関係の専門的な講演会も毎月行っている。

ジム経営の経験を活かしコンサルタントという立場で様々なパーソナルトレーニングジム・フィットネスクラブの経営アドバイスを行う。経営者的な視点とトレーナー知識を組み合わせ、専門的なコンサルティングを行う。

【活動内容】
Dr.ストレッチ 技術監修
ミスワールドジャパン公式トレーナ
ミセスクイーン公式トレーナー
海外研修(アメリカやスペインのプロスポーツチーム帯同)

【資格】
NATA-ATC(全米アスレティックトレーナーズ協会認定トレーナー)
NASM-PES(全米スポーツ医学協会認定パフォーマンス向上スペシャリスト)
PRI Myokinematic Restoration
PRI Pelvis Restoration
IASTM Smart Tools
Neurokinetic Therapist L1
SFMA L1 L2
Bare Foot Specialist
保健体育科教員免許