MENU
CONTACT
ページトップへ戻る 低価格 セミパーソナルはこちら

メディカルパーソナルジムとして都内を中心に20店舗展開をしているDr.トレーニングへは
約50名の医師の方が身体のメンテナンスで通われております。
ぜひその理由をご一読ください。

先生のご紹介

産婦人科医 醍醐 香名先生
Kana Daigo


2015年 東京女子医科大学医学部卒業

東京慈恵会医科大学附属病院で初期研修終了後、済生会宇都宮病院に勤務。
現在、都内の複数病院婦人科に勤務。

Dr.トレーニングに通うことになった背景について


ドクタートレーニングに通うことになった背景について

2点あるのですが、 1点目は、もともと仕事で肩こりや腰痛が辛かったのでそれを解消したかったということ。
そして2点目は、妊娠・出産をしたことも影響してるのかもしれませんが、慢性的な疲労で体の状態があまり良くなかったのでそれも解消したかったのです。
マッサージや整体に行くことが当たり前の日常でした。
そんな状況でしたので、自分で体を動かして、筋肉をつけていくことが根本的に大事なのではないかと思い、ジムに通おうと決心をしました。

昔、学生時代はテニス部だったこともあり、体を動かしていなかったわけでは無いのですが、社会人になり仕事を始めてからは、めっきり体を動かす事がなくなってしまいました。
なので、当初フィットネスクラブに通うようになったのですが、フィットネス初心者だったと言うこともあり、闇雲にトレーニングをしていて…今、思えば自己満足になっていたのかもしれませんね。
あまり効果も感じられず、フィットネスクラブは長く続かなかったのです。

なので、今回パーソナルジムに通う事はある意味、私にとってチャレンジで、初めての経験になりました。
やはりどうせなら、一度プロに体を見てもらうという方が良いのではないか?という思いがありました。

また、産婦人科医という仕事柄、手術などの時は5時間くらいは立ちっぱなしで、ガッチリした器具なども扱います。
帝王切開の時などは握りこぶしで、妊婦さんのお腹を押したりするのですが、私の場合、体が小さいこともあり、全体重をかけてお腹を押したりするのですが、「もっと押して」「もっと押して」と言う声をいただく位、自分にパワーがないということが課題でもあります。
お産の時は意外と力仕事なんです。
そういったこともあり、筋力をアップしていきたい。体を鍛えていきたい。
と言うところもトレーニングしていきたいと思った背景になります。


ドクタートレーニングを選んだ理由、その魅力とは?

ドクタートレーニングを選んだ理由…1番は通いやすさになります。
どこの店舗も駅近にあって利便性がいいですよね。

そして、トレーナーさんの印象が良かったです。
きちんと毎回メニューを考えてくださる事はもちろん嬉しいのですが、ジムに入ったときの挨拶、その元気の良さに関しては、すごく感動したポイントになります。
ドクタートレーニングでは当たり前なのかもしれないですが、それが当たり前ではない人たちもいると思うので、それが当たり前にできていて、なおかつ皆さんの生き生きとされている姿を見るのはとても元気をいただくことができて嬉しいです。

食事のアドバイスに関しても、日ごろの食生活を聞いていただけて、そこから食事制限をすることなく、どんな食事をとったほうがいいのかなどと言うアドバイスを頂ける事はとてもありがたいです。
もっと私も頑張らないといけないのですが…

トレーニング面に関しても楽しくさせてもらってます。
お気に入りは「バイシクル」です。
やってる途中でお腹に効いてる感じが出るので体感がわかりやすいです。
スクワット系の種目に関しては、まだ苦手種目になるのですがトレーナーさんの指示を受けながら毎回頑張らせていただいてます!


現在の課題について

元々、反り腰だったこともあるのですが、妊娠をきっかけにその癖が強くなってしまったのは感じていて、体の使い方も良くないのかなと…
それらを治したいと言う思いはあります。

私自身、産婦人科医でありながら、妊娠・出産を経験したことにより、より一層、母体へかかる負担や、体の変化と言うのを身に染みて感じました。
私は体が小柄と言うこともありますが、以前から運動をして、しっかりと筋肉をつけて姿勢などにも気をつけながら生活をしておけば、妊娠の辛さも多少は軽減できたのではないかと今思えばと感じてます。

ドクタートレーニングで行っているマタニティトレーニングは、まだ世間的にそこまで浸透していないものだと思いますが、私自身も知らなかったので、もし当時から知っていたら絶対やりたかったなと思います。
妊娠中も仕事はしていたので動いてはいましたので、足腰は使っているつもりでいたのですが、やはり姿勢や筋力不足から腰への負担が強かった。
マタニティヨガやマッサージ等は行っていたのですが、今更ながら体幹などのトレーニングをやっておけばよかったなと思います。


産婦人科医としての今後のトレーニングへの見解

産婦人科医と言う立場で患者様へお伝えしてるのは疾患とかがなく、身体的に許されるのであれば、運動は推奨したいと思います。
やはり、出産の際に体の使い方を理解し、どういう風に力を入れて、どういう風に力を抜くかと言うのを、筋肉の使い方と言う面でも普段から行っているとお産の時に役立つと思うので推奨はしたいですね。

そして呼吸も大事になってくるので、呼吸の使い方も含めてトレーニングをやっておく事は大事だと思います。
ドクタートレーニングでは呼吸に関しても詳しく教えてくれますよね。

あとは、体の柔軟性ですね!柔軟性を引き上げる運動も是非やってもらいたいです。
運動している人としていない人とでは、お産でのリスクと言う面に関して場合によりきりにはなりますが、やはり肥満が過ぎてしまうと難産になりがちなこともあります。
逆に痩せてれば良いと言うわけでもないので、一概に何とも言えませんが、 マタニティトレーニングは痩せるためにやるのではなく、産後の体型維持を目的にしたり骨盤周りの筋肉が緩んだものを戻してあげるといった機能的側面に役立てると言うのは目的として良いのではないかと思います。

私自身も出産を経て、産後は骨盤周りの筋肉が緩んでしまい、しばらくは尿もれなどで悩みました。
軽い咳やくしゃみで尿漏れが目立っていたりしたので…
そういった事もトレーニングをしていれば少しは軽減されたのではないかなと今、思えばあります。


トレーニングを継続できている理由に関してはいかがでしょうか?

トレーナーの皆さんに親切にトレーニングを見ていただけているっていうのもそうですし、システム的な部分もいいところですよね。
回数券などではなく「都度払い」と言うところは自分のペースで続けられるということで気にいっています。
1回払いである分、その1回のトレーニングを大事に頑張ろう!っとも思えます。 スタッフの皆さんも日頃からジム内を清潔にされているなと言う印象があります。

今は月に3回、通っていますが、毎回、必ずしっかりと筋肉痛が出るので、こんなに使っていない筋肉があるんだ!と毎回筋肉を目覚めさせてもらっています。
私の要望もよく聞いてくださり、動かしたいところを指示させていただくと、そこの部位を多めに動かすためのトレーニングプログラムを毎回組んでくれるのでメニュー構成にも満足しています。

以前はふとした拍子に肩が重いなぁ、腰が重いなぁと感じることがあり、マッサージに頻繁に行っていたのですが、ドクタートレーニングに通うようになってからは、すっかりマッサージに行くこともなくなりました。
ちょっと体が疲れたなぁ。と思っても明日トレーニングがあるからいいやと思い、マッサージに行く事なく、トレーニングでのリカバリー効果も感じられています。
その点は大変助かっています。


マタニティトレーニングについて

私自身も産婦人科医と言う立場であり出産を経験した身であるからこそ言えることなのですが、ドクタートレーニングで行われているようなマタニティトレーニングをぜひ妊婦さん達には行ってもらいたいなと思ってます。
トレーニングの印象ってしっかり鍛えるような、ガチガチなイメージがあるかもしれないのですが、ドクタートレーニングでは素人の方でも大丈夫です。
その方に合わせてストレッチからしっかり柔軟性を高めて、その方に合った段階を踏んだ無理のない範囲でのメニューを組んでいただけるのがいいところです。

正直、とっつきにくさがあるパーソナルトレーニングの印象がそうではなくなったのが私の中で印象的です。
体験に来てから、トレーナーの方は親しみやすく自分に合ったメニューを組んでいただけると言う好印象を受け、ここなら大丈夫だと言うふうに思いました!

特別キャンペーン お申込みはこちら