MENU
CONTACT
ページトップへ戻る 低価格 セミパーソナルはこちら

メディカルパーソナルジムとして都内を中心に20店舗展開をしているDr.トレーニングへは
約50名の医師の方が身体のメンテナンスで通われております。
ぜひその理由をご一読ください。

先生のご紹介

内科医 小倉 誠先生
Makoto Ogura


1985年 東京慈恵会医科大学卒業、聖路加国際病院にて研修
1988年より 慈恵医大 腎臓・高血圧内科勤務
1998年~2019年 慈恵医大附属柏病院 腎臓・高血圧内科診療部長・准教授・副院長
2020年9月 竹芝水辺のクリニック開業

Dr.トレーニングに通うことになった背景について


ドクタートレーニングに通うことになった背景について

私は今61歳なのですが、もともとトレーニングをしていた経験はなかったんです。
というのも2年前くらいになりますが、その頃は大きな病院に勤めておりまして、連日仕事漬けの日々であったこともあり、全く運動していなかったのです。

そんな状況から、2019年3月に早期退職にいたり、それをきっかけに運動習慣をつけていきたいと言う想いからトレーニングを始めようと思ったのです。

当時は全く運動していなかったこともあり体重も重く、次の仕事初めまでに1年ぐらいは体の調子を整えようと思っていました。

当時86キロあった体重を落としていきたいと言うダイエットの決意と、それに付随して、 しばらくまともに体を動かしていなかったのを機能的にしていきたいと言うところから、そんな要望に沿ったジムがないかと探し始めました。


数多くのジムがあるなかで、ドクタートレーニング選んで頂いた理由は何でしょうか?

まず、ジム探しの際に通常のフィットネスクラブとパーソナルジムに分かれると思うので、その選択からになります。
私は以前フィットネスジムの会員であった経験があるのですが、当時の印象で 『時間がなくていけない』などと言うことが起こりがちでした。
今思えば言い訳なのですが…。
というのもあり、今は当時と違い時間があるのだから、パーソナルにしてみようと思い、1つ目の選択肢としてはパーソナルを選びました。

そして、パーソナルジムを探していたところ、パーソナルジムは2ヶ月で◯◯円など、割高なイメージがあったのですが、そう思っていた矢先に「ドクタートレーニング」を見つけ、ここは違うんだ。という印象を受けました。

私のパーソナルジムに対する勝手なイメージがパッケージ化されているものでいたのですが、ドクタートレーニングの場合は1回でいくらと言う形式をとっている、「都度払い制度」だったので1回1回、大事にしている感覚なのかなと思いました。
システム的にも、それであれば通いやすいなと言うところからドクタートレーニングへ行ってみようと思ったのがきっかけです。


ドクタートレーニングへ通う前に困っていたことや、悩んでいたことは何でしょうか?

ドクタートレーニングへ来る以前は、やはり高齢になってきたと言うこともあったのか、体重がどんどんと増えていました。
食生活が不規則で、夕飯をとる時間が遅かったり、お酒を飲んだり、当時は外食なども多々ありました。
おまけに運動も全然していないような状態だったので、代謝も落ちるし、太るし、そこは悩みの種でした。

また、ぎっくり腰を2・3ヶ月に一回は起こしていたのです。
今、思えばそれも悩みの1つでした…
掃除機をかける時など、何気ないことで腰痛を発症したりして、明らかに筋力が落ちているなと実感していました。
私は医者ですが、さすがにまずいなと…。

整形外科を専門としているわけではないですが、医者と言う立場として、自分の体がこの状況ではまずいなと思いました。
ここは1回しっかり立ち直さないと!と言う想いですね。

さらに過去を振り返ると学生時代はバレーボールの競技をしていました。
スポーツする事は決して嫌いではないタイプでしたね。
そういった性格でしたので、トレーニングをやり始めて体を動かすことの楽しさを思い出し、あの頃の体にまた近づきたい。
そういった想いもトレーニングのモチベーションにつながっていったのかもしれません。


実際にドクタートレーニングを利用してみて、印象はいかがでしたか?

トレーニングを始めて、最初の頃、半年位は時間に余裕もあったこともあり、週2で来ていました。
最初に担当していただいた斉藤トレーナーはとても丁寧に教えていただき、いろいろと学ばせていただきました。
人当たりも良かったですし、細かい気遣いがあり
「私が何をしたいのか?」「どうなりたいのか?」
ということを詳しく聞いていただき、 目標を達成するのに合わせたプログラムを組んでいただけたので満足感がありました。

トレーニングに関してはマシンでガンガンやると言うよりも、体を機能的にするためのトレーニングも多く、決して飽きないような工夫がされているなと感じました。
バリエーションが豊富で、楽しく毎日トレーニングに来させていただいています。
トレーナーさんからのお話では勉強会でやったことなどを話ししていただけるのですが、そういった勉強熱心な姿勢も魅力的に感じました。

私の1つの課題であった、「ぎっくり腰」といったところに関しても、決してアバウトではなく理論的に理屈や原因を教えていただくことができ、わかりやすく説明をしていただけるのはさすがだなと思いました。
担当の方以外のトレーナーさんに関してもマニュアル通りかもしれないですが、しっかりと挨拶していただけるし、お見送りも大きな声でしていただけるので、きちんとされているんだなと言う印象です。
あまり大きい声でお見送りされると、少し恥ずかしい場面もあるのですが…


感動のエピソードなどあれば教えていただけますか?

そうですね、本当に皆さん親しみやすく、こちらの要望を引き出していただけます。
ドクタートレーニングに通ったことで、今まで動作習得が困難だったスプリットスクワットを習得できるようになったのは嬉しかったですね。

一番の感動は、気になってた「ぎっくり腰」も今や一切なくなりましたし、体重を落とすことに成功したことです。
当たり前と思われる方もいるかもしれませんが、当事者にとっては感動ですね。

日常生活での腹横筋など体幹部の使い方なども教えていただき、腰痛の怖さは一切なくなりました。
今では仕事を始めてトレーニングへ通うのは週一回になりましたけれども、 すっかり私の中で運動は習慣化されていて、トレーニングすることが癖になってます。
可能な限りこれを維持したいと思います。


今後の取り組みについて

私は医者と言う立場であるからこそ、ドクタートレーニングに来て感じるのですが、
やはり、私たちもそうですが患者さんとは1対1で向き合い、質問に答えたり処方したりします。
そこで信頼関係が生まれ、それが健康的な生活を送るためのモチベーションにつながる。
トレーニングを継続するにしてもそういった関係性はすごく大事だなと思っています。

現代においては、生活習慣病で思うように健康的な生活をおくれない人が増えてきています。
また、中高年の患者様に関しては生活習慣病の改善のために運動をお勧めするのですが、 私たちはトレーニングのプロではないのでどんな運動をしたらいいのか、メニューなどを処方することができない。
医療現場で活動できるトレーナーさんがいてくれると、もっと患者さんにとって、良い処方ができるのにな。と思っています。

医療現場に理学療法士の方がいてもトレーナーが少ないというのが現状ですね。
高齢者のサルコペニアやフレイルといった症状の方は、とある場所で、つまづいて転んでしまったり、そこから怪我をしてしまい、車椅子生活になる人も多くいます。
行政も提唱するような「エクササイズイズメディスン」と言う言葉があるように、患者さんに運動しなさいと言う指導だけではなくて、きちんとしたプログラムを処方箋として作ってあげられるような社会が実現し、それが当たり前になる世の中ができたら嬉しいなと思ってます。

特別キャンペーン お申込みはこちら